観光情報流通機構(JTREC)について

 

 観光情報流通機構(旧 旅行電子商取引促進機構:英語名称:Japanese EC Promotion Organization for Travel, Tourism and Leisure :略称:JTREC)の活動にご支援を賜り、心より御礼を申しあげます。 

 この活動は、1992年に運輸省(現国土交通省)の呼びかけを受けて、旅行関係企業や団体が集まり、国連が開発を推進していたUN/CEFACT(注)についての勉強会を始めたのが起点ですが、その後時代の動きに合わせて組織名称変更や内容を充実させて活動してきました。 

 2007年10月に東京都の認証を得て特定非営利法人(NPO)となり、2013年5月に法人名称を「旅行電子商取引促進機構」から「観光情報流通機構」に変更いたしました。

 

 この間国連の活動の場はUN/CEFACTフォーラムと変わりましたが、この場を活用して我が国の旅館に代表される宿泊施設を国際電子商取引により世界に発信できるように、SLHSmall scaled Lodging House(注)プロジェクトを立ち上げ、国際連携により標準化活動を展開してきています。 

 これまで既に宿泊施設情報と宿泊商品情報、更に宿泊予約情報を国際標準方式により開示することを実現しました。

 

 このような活動を通して、アジア太平洋地域の諸国と旅行関連情報の交換機運が高まってきたことを受けて、2010年横浜で開催されたAFACT総会()において、旅行関連の作業部門(TT&L WG)の設立が初めて承認され、SLHの国際活動を含めて広く地域観光情報の発信を検討することになり、AFACT(注)旅行関連部会(TT&L WG)の議長は日本が担当して推進してきました。

 

 さらに2009年より順次国際標準方式に開示された宿泊施設・商品・予約情報に関してシステム開発を実施し、2013年よりアジア太平洋地域(第1次プロジェクト:韓国、タイ、イラン、日本)で国際実証実験を開始しました。

 

 JTRECとしてはこのような国際活動を通して、我が国のインバウンド旅行の促進に寄与していきたいと考えています。今後ともご指導とご支援を心よりお願い申し上げます。(2014年4月)

 

(注)

SLHSmall scaled Lodging House日本の旅館のような複合商品を提供する「小規模宿泊施設」 

AFACT (Asia Pacific Council for Trade Facilitation and Electronic Business:貿易円滑化と電子ビジネスのためのアジア太平洋協議会)は、アジア太平洋地域において、国連CEFACTが開発した貿易円滑化と電子ビジネスに関する国際標準等の普及を図るために、国連CEFACTアジア地区ラポーターと連携して活動する非営利、非政治的な任意団体である。 

UN/CEFACTUnited Nations Centre of Trade Facilitation and Electronic Business  貿易円滑化と電子ビジネスのための国連センター)国連電子商取引の国際標準制定を推進している国連の機関。勧告文書を作成する手続きおよび標準開発のためのモデリング手法を持っており、それに則って技術仕様の開発が行われている

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

NPO法人観光情報流通機構(JTREC) 事務局 

 

 事務局 

    153-0043 

   東京都目黒区東山3-1-15 HOLON池尻ビル4階 サーブホテルズ株式会社内 

 

 連絡先

          専務理事 :  鈴木 耀夫

                                   Tel    :    090-1707-1778    E-mail :   akiosuzuki@jtrec.org

          事務局長 :  大西 修一 

                                    Tel    :    090-5338-1920       E-mail    :    ohnishi@jtrec.org

                              中村 秀夫

                                   Tel    :    090-1765-7735    E-mail : h.nakamura@jtrec.org

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

プロフィール